ドイツ語で何時から何時までの書き方と時計の読み方

ドイツ語で何時から何時までの書き方

今回の文法のルールは簡単です。

ドイツ語は日本語と同じく文の作り方に結構柔軟性があります。

スポンサーリンク

ドイツ語で何時から何時まで。の言い方

  1. Ich arbeite am Montag von 9 bis 17 Uhr.
  2. Von 9 bis 17 Uhr arbeite ich am Montag.
    (私は月曜日に9時から17時まで働きます。)

どちらの文章でも正しいです。おそらく英語に馴染みがある人にとっては1番目の文章の方がしっくりくるかなと思います。僕も1の文章の方が好きです。

名詞は常に大きく書くのを忘れずに。英語だと文中に書く「I」は大文字ですが、2の文章のように主語の「ichが小さい事に注意。

ちなみに「von….bis」は英語だと「from…..to」と一緒です。

  1. Ich gehe um 14 Uhr zu dem Supermarkt.
  2. Um 14 Uhr gehe ich zu dem Supermarkt.
    (私は14時にスーパーに行きます。)

Ich gehe um 14 Uhr zum(zu+dem) Supermarkt. の文章でもOKです。

時間の前には「um」を忘れずに。

時計の読み方・書き方

ドイツ語の時刻

またドイツ語で少しやっかいなのが時刻の言い方と書き方です。

例えば

4時30分は読み方は

  • halb vor fünf (ハルブ フォァ フンフ)

日本語だと5時の30分前です。

または違う読み方もあって

4時30分は

  • Vier Uhr dreißig (フィァツィク ウア ドライシィク)

と読むことも出来ます。

書く場合は数字を使って、午前なら4:30 Uhr。午後なら16:30 Uhrと書くことが出来ます。

4時15分は

  • Viertel nach vier (フィァテル ナハ フィァ)

日本語だと4時の15分後です。

そして午後3時45分の読み方は

  • Viertel vor vier (フィァテル フォァ フィァ)
  • Drei Uhr fünfunddreißig(ドライ ウア フンフウントドライシィク)

などがあります。

4:40分は

  • Zwanzig vor fünf (ツヴァンツィク フォア フンフ)
  • Vier Uhr vierzig   (フィア ウア フィアチィク)
ドイツ語での天気の聞き方と答え方 Wie ist das Wetter heute? (今日の天気はどうですか?) A:Das ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする