ドイツ語で年齢の言い方、聞き方と書き方

ドイツ語で年齢の言い方、聞き方と書き方

まず普段年齢書く場合は数字で書いて問題ないです。

ただし今回はわかり易く数字とドイツ語のアルファベットの両方で書きます。そしてドイツ語の数字の言い方と書き方には日本語とは違い少しクセがあります。

スポンサーリンク

年齢の聞き方

・何歳ですか?/ Wie alt bist du? (ヴィアルトビスドゥ?)

・おいつくですか?/ Wie alt sind Sie?(ヴィアルトジィンジィ?)

ドイツでは日本と同じく女性に年齢を尋ねる場合は失礼にあたる事があるので、この点は注意が必要です。

ドイツ語で年齢の言い方と書き方

・私は18歳です= Ich bin achtzehn./Ich bin 18 Jahre alt.
・私は26歳です= Ich bin sechsundzwanzig./Ich bin 26 Jahre alt.

まず読み方ですが

18 achtzehn=アハツェン

26 sechsundzwanzig=ゼクスウントツヴァンツィヒ

と読みます。18の方は問題ないと思うのですが、少し分かりにくいのが21以上の数字です。ドイツ語で21以上の数字は1のくらいと10のくらいを反対にして書いて読みます。なのでsechs(6) und zwanzig(20)=26となります。

話の文脈から年齢の話しをしてる場合はJahre altに関しては言っても言わなくても問題ないです。

書く場合の注意点としては文字と文字の間に空白を作らないことです。

○「sechsundzwanzig

✖「sechs und zwanzig

ただ基本的に数字で書く場合が多いのでそこまで気にしなくても大丈夫です。

書き方

数字を合わせることで書くことが出来ますので慣れれば難しい事はないと思います。

まず数字がわからない人は先にそこから勉強するのがオススメです。

例えば66ならSechsundsechzigで77ならSiebenundsiebzigとなります。下にいくつか問題を書いてみたのでチャレンジしてみて下さい。

 1.eins(アインス)  2.zwei(ツヴァイ)  3.drei(ドライ)  4. vier(フィェル)
 5.fünf'(フンフ)  6.sechs(ゼクス)  7.sieben(ズィイベン)  8.acht(アハト)
 9.neun(ノイン)  10.zehn(ツェン)  11.elf(エルフ)  12.zwölf(ツヴェルフ)
 13.dreizehn(ドライツェン)  14.vierzehn(フィェルツェン)  15.fünfzehn(フンフツェン)  16.sechszehn(ゼヒツェン)
 17.siebzehn(ジィプツェン)  18.achtzehn(アハツェン)  19.neunzehn(ノインツェン)  20.zwanzig(ツバンチィヒ)
 30.dreißig(ドライシィヒ)  40.vierzig(フィェルツィヒ)  50.fünfzig(フンフツィヒ)  60.sechzig(ゼヒツィヒ)
 70.siebzig(ジプツィヒ)  80.achtzig(アハツィヒ)  90.neunzig(ノインツィヒ)  100.hundert(フンダート)

マウスで反転させると答えが見えます。

私は12歳です= Ich bin zwölf Jahre alt.
私は53歳です= Ich bin dreiundfünfzig Jahre alt.
私は29歳です= Ich bin neunundzwanzig Jahre alt.
私は33歳です= Ich bin dreiunddreißig Jahre alt.
私は45歳です= Ich bin fünfundvierzig Jahre alt.

ドイツ語ではお父さんの事はパパ。お母さんのことはママと言います。 VaterとMutterは日常会話であまり聞いたこと無いので...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする