ドイツ語で数字の読み方

ドイツ語の数字の読み方

ドイツ語を覚える上でこれまた大変なのが数字の読み方

今回は自分も忘れやすいので備忘録もかねて、大きな数字の読み方を書きます。

7や28などの小さい数字は比較に覚えやすいので今回は書きません。

アルファベットで数字を書く機会はないと思いますが、読むときには必要なので分かりやすく書いています。
カタカナは俺が適当に書きましたがドイツ人に発音のチェックをしてもらったので問題ないです。
スポンサーリンク

ドイツ語で数字の読み方

百の位

・563

“fünfhundertdreiundsechzig(フンフフンダートドライウントゼヒィツィク)”

まず百の位を読んで、一の位、十の位を読みます。

・179

“hundertneunundziebzig(フンダートノインウントジィプチヒ)”

書く場合の注意点としては文字と文字の間にスペースを作らないで書くことです。ただアルファベットで数字を書く機会はあまりありません。

千の位

・7.698

siebentausendsechshundertachtundneunzig”
(ジーベンタウゼントゼックスフンダートアハトウントノインツィク)

まず千の位の数字を読み、その後百の位,一の位、十の位を読みます。

.」後ろから三つ目の数字に付ける事によって数字が読みやすくなるので、大きい数字を読む時は付けた方がいいです。

次に先程説明したとおり数字の場合1992だと

Tausendneunhundertzweiundneunzig

(タウゼントノインホンダートツヴァイウントノインツィク)

ちなみに生年月日の場合は違う読み方をする必要があり1992年生まれでは

neunzehnhundertzweiundneunzig

(ノインツェンフンダートツヴァイウントノインツィク)

万の位

・39.783

“neununddreinzigtausendsiebenhundertdreiundachtig”
(ノインウントドライシィヒタウゼントジーベンフンダートドライウントアハチィク)”

十万の位

・868.563

“achthundertachtundsechzigtausendfünfhundertdreiundsechzig”
(アハトフンダートアハトウントゼヒィチィクタウゼントフンフフンダートドライウントゼヒィチィク)

分かりにくいので色分けしてみます。

868.563″achthundertachtundsechzigtausendfünfhundertdreiundsechzig“(アハトフンダートアハトウントゼヒィチィクタウゼントフンフフンダートドライウントゼヒィチィク)

ここまでくると長くなってよく分からなくなってきますが規則性を理解すれば覚えられるます。

百万の位

・2.636.954

“zweimillionensechshundertsechsunddreizigtausendneunhundertvierundfünfzig”(ツヴァイミリオーネンゼックスフンダートゼックスウントドライシィクタウゼントノインフンダートフィアウントフンフツィク)

とりあえずここまで覚えれば日常生活では問題ないはず。

zweimillionensechshundertsechsunddreizigtausendneunhundertvierundfünfzig“(ツヴァイミリオーネンゼックスフンダートゼックスウントドライシィクタウゼントノインフンダートフィアウントフンフツィク)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする