ドイツの健康保険と病院の問題点と優れてる点

ドイツの健康保険と病院の問題点と優れてる点

日本の公的医療保険制度はドイツの医保険制度を参考にしたらしい。

そしてドイツは税金や保険料が高いので福祉に力を入れてる国ってイメージがあったのでさぞかし充実した医療やサービスを受けられると考えていたけど、どうやら実態は少し違うみたい。

今日は真面目にドイツの健康保険について少しと個人的に感じた病院の問題点について書いてみる。ただタイトルに書いた問題点だけじゃなくて日本よりも優れてる部分についても書く。

スポンサーリンク

ドイツには大きく分けてと2つの保険がある

Gesetzliche Versicherung(法定健康保険)とPrivat Versicherung(プライベート保険)に分けられる。

基本的にドイツに住む場合は誰でも原則として何かしらの健康保険に加入しなければならない。

なのでドイツ人、もしくはドイツで働く場合は基本的にこの2つのどちらかに加入してることになる。

ちなみに法定保険とは国民健康保険や会社のを社会保険と似たようなものだ。

また、プライベート保険とは日本で言うところの民間の医療保険だと思っていい。

ただ、日本だと公的健康保険+医療保険に入るのが普通だけどドイツではこの「民間医療保険(プライベート)」のみに入ることでも薬代金や入院費、治療費などを賄うことが出来る。

そしてプライベート保険のメリットとしては

入院する場合は大部屋から個室に変更することが出来る。

法定保険では自己負担しなければならない薬自己負担無しで使える場合がある。

診察してもらう医師を選択できる場合がある。

予約が取りやすい。

などのメリットがある。

デメリットとしては

保険料が高い

持病によっては加入できない

などがある。

ドイツの病院の問題点

ドイツの全部の病院とは言うつもりはない。

なのであくまでも実際にあったいくつかの経験談として読んでほしい。

電話に出ない

人手不足なのかやる気がないのかはわからないが何度電話しても話し中で、いくら電話しても誰も電話にでない。なんて事が度々ある。

こんな事が何時間も続くことがある。

救急搬送後の処置が雑

以前彼女が一度倒れて痙攣状態みたいになり昼間に救急車で病院に運ばれたことがあった。ここまでは日本と一緒だ。だがその病院がおこなった処置は簡単な脳梗塞のチェック(立ちながら腕をまっすぐ伸ばすのような)血液検査と心電図検査みたいなの事のみ。

それで家に帰らされた。と言う事があった。

自分は救急搬送された事はないので日本ではどういう風になってるのかよく知らないが、こういった症状の場合は脳や他の重大な病気を疑って少なくともMRIやらCTなどはするだろう。この患者の扱いには衝撃的だった。

ちなみにドイツでは救急搬送以外(軽い症状)で救急車を呼ぶとお金を払わなければいけないらしい。

診察の予約に時間がかかる

日本だと一部の有名な先生や病院を除き、例えば「ろれつがまわらない」や「目に違和感がある」など通常とは明らかに違う症状があれば早く診察してくれたりしてくると思う。

しかしドイツの場合はこのような状態でも2週間〜1ヶ月待たされることなんてザラにある。なので不安を抱えたまま長い期間またなきゃいけない。

もし、この病気が一刻を争うものだった時はどうするんだろうと俺は思う。

そして場合によってはこれ以上待たない事もいけない場合も。

ちなみにプライベート保険加入者は専用の電話番号があったり、彼女の話だと電話口で2ヶ月待ちだと言われたがプライベート保険だという事を伝えたとたんにいきなり次の日に診察出来るようになった。なんてことも普通にあるらしい。

診察が受けられない

AllgemeinmedizinerもしくはHausarztに行くと新規患者は受け付けていないなどの理由で診察を拒否され事がある。自分も腹痛で初めて医者に行ったけど、その理由で結局診察してもらえなかった。

これはドイツ人でも時々ある問題らしく、例えば仕事の関係などで新しい町に住むことになった時などによくあるらしい。

日本よりドイツの方が優れてる点

今まで書いた事をみるとはあまりよくないように感じるかもしれないドイツの医療保険制度で明らかに日本よりも優れてる部分がある。

それが「診察や治療に費用がほとんど掛からない」事。

日本にも高額医療費制度があるけど、それで病院の手術費用や薬代の負担が多く家計が四苦八苦するなんて話しは聞いた事があると思う。お金が無くなれば資産があれば売ったりして何とか費用を捻出する事も。

だけどドイツの場合は薬代にほんの少し費用が掛かる事を除き、原則的に診察や治療費、検査などは無料だ。なので日本のような事はまず起こらない。

なので血液検査やアレルギーの検査も無料。もちろん月々の健康保険料の支払額があるので得なのかどうかは分からないが保険と言う意味ではかなりすぐれた制度だと思う。

これはドイツの方が明らかに日本よりすぐれてると思う。

どの国にも完璧な医療制度はないって事?

色々書いたがドイツの医療技術に関しては間違いなく世界トップクラスだと思う。

ただ医療サービスに関しても先進国だと思っていたけれど実態は少し違うような印象を受けた。(あくまでも個人的な印象だけど)

また、そういった負の面もあるがドイツの医療費の自己負担は日本と比べてかなり少ないのでそういった意味では日本より病人に優しいとも言える。

日本でも救急搬送された患者の受け入れ拒否のような事もあるのでどの国にも何かしらの問題点はあるって事かもしれない。

おそらく原因は人手不足かな?

日本も今は充実したサービスと医療システムを維持するのにたくさんの税金が使われてるので、今後も安泰ではなくて近い将来医療費に使えるお金が少なくなってドイツであるような同じことが起こるんじゃないかな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする