えっ?ビンや缶の飲み物を買う時にお金取られるの?リサイクル大国のドイツ

日本と同様にドイツでも飲み物はプラスチックボトル・缶・瓶などがほとんどです。そして日本ではビールは缶で買う人が圧倒的に多いと思いますが、ドイツはビールに関しては瓶で購入する事の方が多いような印象を受けます。もちろんで缶でも売ってるんですけどね。

ドイツではペットボトル・ビン・缶をスーパーマーケットで購入する場合は支払い時に、あらかじめいくらかのお金を毎回払わなければいけません。

ここで疑問に思うのが「なんでお金を払わなきゃいけないの」って事だと思います。でも安心してください。

スポンサーリンク

Der Pfandflaschenautomat

飲み終わったビン・缶・ペットボトルやケースなどをスーパーなどに設置してあるこのマシーンに入れてリサイクルする事で自分が支払ったお金がきちっと戻ってきます。ビンや缶を穴から入れると自動的に吸い込まれていきます。子供が喜びそうな感じ。

えっ?瓶や缶のお金取られるの?リサイクル大国のドイツ

そして全部入れ終わったら最後に緑色のボタンを押して完了です。

正確にはお金が戻ってくるのではなくレシートのような紙が出てきて、それを支払い時に渡せばその分が値段から引かれます。

この仕組みだったらリサイクルしないと余分にお金を払わなきゃいけなくなるし、路上などにビンや缶が散乱してても誰か拾ってお小遣い稼ぎ出来るんじゃないかな?(それが法律的にどうなのかは知らないけど笑)ただ間違いなく言える事はむやみにポイ捨てなどはしなくなるだろうな。

さすがドイツ。なかなか合理的で面白いシステムだよね。

以上ドイツでは「ビン・缶・ペットボトルを買う時はお金はかかるが、きちっとリサイクルすれば戻ってくる」でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする